恒仁会グループ施設の沿革

◆静岡瀬名病院

昭和62年

県中部地区初の高齢者慢性疾患を主とした高齢者専門の医療機関として開院

平成2年

特例許可老人病院

平成12年

北館病棟増築(146床 ⇒ 178床)

平成12年

介護保険制度開始と同時に全病床を医療保険から介護保険の適応病床に切り替え(介護療養型医療施設)

平成14年

178床 ⇒ 180床に増床

令和2年

内外改装実施

◆関連施設

平成元年

介護老人保健施設 ケアセンター瀬名(本館) 開設

平成5年

介護老人保健施設 ケアセンター瀬名(東棟) 開設

平成7年

ケアセンター瀬名(本館) 増床

平成8年

静岡広野病院(旧 大島病院) 恒仁会グループへ

平成10年

ケアハウス レインボー瀬名 開設

平成13年

介護老人福祉施設 あかいしの郷 開設

タイトルとURLをコピーしました